1990年12月30日

FX入門講座1:「FX」って何?

 FXとは、「外国為替証拠金(または保証金)取引」のことで、Foreign Exchange(外国為替)の略です。Forex(フォレックス)と呼ぶ場合もあります。

 日本円を米ドルに交換したり、米ドルを日本円に交換したり、異なる2つの通貨の交換(売買)を行うことを、「外国為替取引」といいます。

 FX(外国為替証拠金取引)は、証拠金取引なので、少額の証拠金を担保に、その証拠金の何十倍もの為替取引ができる金融商品で、交換時の差額(為替差益)を稼ぐのが基本の取引です。

 例えば、1ドル=100円でドルを買い、110円で売れば、為替差益は1ドルあたり10円になります。このとき、1万ドルの取引であれば利益は10万円になります。(差益10円×1万ドル分、手数料は除く)

 国際情勢によって、円とドルの価値が上がったり下がったりするので、そのタイミングをうまく見極め、ドルと円を交互に売ったり、買ったりするのがFXです。
posted by ウッチー at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | FX入門講座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63351466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。