1990年12月30日

FX入門講座1:「FX」って何?

 FXとは、「外国為替証拠金(または保証金)取引」のことで、Foreign Exchange(外国為替)の略です。Forex(フォレックス)と呼ぶ場合もあります。

 日本円を米ドルに交換したり、米ドルを日本円に交換したり、異なる2つの通貨の交換(売買)を行うことを、「外国為替取引」といいます。

 FX(外国為替証拠金取引)は、証拠金取引なので、少額の証拠金を担保に、その証拠金の何十倍もの為替取引ができる金融商品で、交換時の差額(為替差益)を稼ぐのが基本の取引です。

 例えば、1ドル=100円でドルを買い、110円で売れば、為替差益は1ドルあたり10円になります。このとき、1万ドルの取引であれば利益は10万円になります。(差益10円×1万ドル分、手数料は除く)

 国際情勢によって、円とドルの価値が上がったり下がったりするので、そのタイミングをうまく見極め、ドルと円を交互に売ったり、買ったりするのがFXです。
posted by ウッチー at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | FX入門講座 | 更新情報をチェックする

1990年11月30日

FX入門講座2:「FX」のメリット

 FXには、魅力的なメリットが沢山あります。


 ●レバレッジを利用できる

 ★レバレッジを利用すれば、少ない資金でより大きな金額の取引が可能で、証拠金に対して高いリターンが期待できます。レバレッジ10倍の場合、10万円の証拠金で100万円(10倍)の取引が可能になります。


 ●手数料が安い

 ★同じ外貨投資である外貨預金の為替手数料は、1ドルにつき往復で2円かかりますが、FXなら、5銭から10銭程度で取引が可能です。


 ●24時間取引ができる

 ★世界の為替市場は、土日を除いて24時間休みなく動いているので、いつでも取引ができます。サラリーマンやOLの人たちも帰宅後の時間に自由に取引ができます。


 ●スワップ金利を獲得できる

 ★高金利通貨を買い、低金利通貨を売ることで生じるスワップ金利の受け取りによっても利益を得られます。


 ●市場の流動性が高い

 ★株式市場や債券市場などに比べると取引額が1兆ドルを超えるので、流動性はかなり高く、やめたい時にいつでも取引を決済できます。


 ●「売り」と「買い」のどちらからでも取引が始められる

 ★外貨預金では、外貨の「買い」しかできませんが、FXは「売り」からでも取引できます。為替差益を狙う場合、外貨預金では円安の局面でしか儲けられませんが、FXでは円安・円高の両局面で収益のチャンスがあります。


 ●世界情勢や世界経済の動向に詳しくなれる

 ★世界情勢や世界経済の動向によって為替相場が変わってくるので、取引を行うことによって、それらの情報に詳しくなれます。


 ●通貨の組み合わせが少ないのでチェックしやすい

 ★株式では、4000銘柄を対象にしますが、FXでの主要なペアは、10〜20種類ほどなので、対象数が少なく、チェックしやすい。


 ●資産防衛ができる

 ★将来のインフレと円安に備え、資産の中に外貨を組み入れて運用すれば、リスクが分散でき、資産防衛の面から見ても有効です。


 ●拘束期限がない

 ★外貨預金は最低1ヶ月などの解約制限がありますが、FXであれば自由です。
posted by ウッチー at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FX入門講座 | 更新情報をチェックする

1990年10月30日

FX入門講座3:「FX」のリスク

 FXのメリットはとても魅力的ですが、FXは元本が保証されたものではありません。

 下記のようなリスクについても十分理解する必要があります。


 ●値動きのリスク

 ★外国為替市場では、24時間常に為替レートが変動しています。為替相場が予想と反対方向に進んだ場合、為替差益が発生するリスクがあります。

 また、ロスカットを設定しても、急激に変動した場合は、指定したレートやロスカット設定率よりも不利なレートで約定する可能性があります。


 ●流動性のリスク

 ★流動性の低い通貨では、戦争・テロ・天変地異・政変・為替管理政策の変更などの大きなニュースにより取引量が減り、レートが提示されず、取引ができなくなるリスクがあります。


 ●システムのリスク

 ★パソコンやモバイルを使うインターネットでの取引では、ログインIDやパスワード等の情報が、窃盗、盗聴などにより漏れた場合、その情報を第三者が悪用することによる損失が発生する可能性があります。

 また、通信エラーやシステム障害により、取引ができなくなるリスクがあります。パソコンの操作ミスにより、「売り」と「買い」や売買単位の間違いによる誤発注による損失もあります。


 ●信用のリスク

 ★FX取扱業者の倒産や業務停止により、証拠金の一部または全部が返金されなくなったり、保有するポジションが決済できない、というリスクがあります。


 ●金利変動のリスク

 ★各国の景気や政策など様々な要因により金利が変動する為、スワップポイント受払いの方向が逆転するリスクがあります。


 ●レバレッジのリスク

 ★FXでは、高いレバレッジ取引が可能なので、証拠金よりも大きな取引ができ、為替変動による大きな利益を得ることが可能ですが、逆に、証拠金をすべて失う、あるいは証拠金を超えて損失を被る、という可能性もあります。


 ●税務のリスク

 ★将来、税制等が変更される場合があれば、税金の負担が増えるなど、FXや外国為替取引が影響を受ける可能性があります。
posted by ウッチー at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FX入門講座 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。